メリュジーヌ

メリュジーヌ
Melusine

竜水落花りゅうすいらっか、レイディオブザランド。この姿、二度と晒すまいと誓いましたのに…

ドラゴンメイドにして六本木ギルドの侍女メイドである「転光生」。
故郷において一つの地、一つの城を支配した女王であり、美貌財力権力暴力を全て兼ね備えた存在であった。
しかし唯一恋愛運だけにはとことん恵まれず、新たな恋を求め領地を離れ流浪するも、その先でもフラれ、心に傷を負う女性。
放浪の末にやってきた東京で出会った六本木ギルドマスターに心酔しており、同ギルドに仕えるメイドとなる事を決めた。
ギルドマスターの為であると判断したらば、如何なる行動もためらわず、如何なる者を主人と呼び、仕える事も辞さない。
背中に生えた竜翼の「神器」が広がったその下は彼女の領地。
領地の地下を流れる竜脈から力と富を引きずり出し、その中へと接収する「権能」を持つ。
それは例え地の奥に眠る金銀の鉱脈すら掘り当て、女王たるに相応しき力と富を彼女へと与えた。
だが「自身は金銀財宝に全く興味が無く、自分を愛した者に与えると言った為に逆にそれ狙いの者たちが多数押し寄せ、更に酷い心の傷を負った事」、そして「巨大な翼を生やしたその姿が恐れられた事」、おまけに「巨大な翼のために自身の城に住むことが出来ず居城の地下洞窟に興味の無い財宝と一緒に住むハメになった事」から、彼女はこの竜翼を憎んでさえいる。
六本木ギルドと敵対した者たちから接収した重火器を翼の中に収め、戦闘において使用する。
池袋ギルドの執事とは「共依存男」「核地雷女」と会う度に罵り合う不俱戴天の敵同士で、出会う度に殺し合う仲である。

【ILLUSTRATOR】あまみや
【VOICE】戸板優衣

Gallery

アシガラ

アシガラ
Ashigara

猪鼻嶽いのはなだけのアシガラ様たぁ、あ、ワシの事よ!

豪快で大雑把な性格、仲間を引っ張る親分気質の「転光生」相撲部員。
元居た故郷の山でとある男に相撲で勝ち逃げされて以来、ずっと相撲の研鑚を重ね、心技体を磨き続けた。
その結果、とうとう「国一番の力持ち」と認められるに至り、注連縄の「神器」を巻く事を許された。
この縄で丸く囲んだ箇所は、そこがたとえ敵陣ど真ん中であろうとも、他者は手出し無用の「土俵」となる。
更に水神が国を引いたとされるその縄は「あらゆるものを引きずる」権能を帯びていて、この綱を打ちかけられた者は逃げられなくってしまう。
アシガラはこれを用いて強引に相撲勝負を挑んでくる。
嫌いな事は、勝ち逃げされる事。本当に嫌いな事は、置き去りにされる事。
実は過去を引きずりがちな一面があり、そこを突かれると非常に脆く、山の中に引きこもるが、寂しがってすぐ出てくる。

【ILLUSTRATOR】樹下次郎
【VOICE】中谷一博

Gallery

チェルノボーグ

チェルノボーグ
Chernobog

この名はチェルノボーグ。冷たき泥より産まれた死の具現。この禿山に括られし魔王である。

禿山に括られた夜と氷雪と死の化身にして、異世界キーテジより東京に顕現した「転光生」。
常にその周囲を自動で舞う氷晶の「神器」は、天幕となって暗黒の夜をもたらすと共に、大地を冷たく覆い尽くす絨毯となる。
更に氷晶はその結晶構造を自在に変え、チェルノボーグが持つ大鎌となり鎧となって身を包む。
それに触れた生物はチェルノボーグの意思に関わらずその身を凍り付かせ、命を散らしてしまう。
無敵とも思えるこの「神器」唯一の弱点は熱であり、暖かい所ではその構造を保てず、力を失う。
しかしチェルノボーグが禿山に括られている限りにおいて、極寒のその地に熱源など何一つなく、彼の神器は力を最大限に発揮する。
故に、かの禿山は故郷の異世界でも生者は誰ひとり足を踏み入れない難峰となり、故に彼は永い孤独の中で生きてきた。

【ILLUSTRATOR】吉良ネリス
【VOICE】成田剣

Gallery

ハーロット

ハーロット
Harlot

さあ、祝宴を始めましょう? 雄どもの悲鳴が絶えぬ間に。

テリオンという獣を連れた、昏く、誘うような目をした、艶めかしい女子高生。
「暴力的な」「支配者たる」「天の教えに祝福された」男たちに対して、侮蔑と嘲笑を隠さない。
この世で価値があるとされる物全てに背を向け、堕落と退廃の中に生きる女。
その一方で、穢れたと指さされ、あざ笑われ、社会から排除されてしまった「忌まわれし者」たちに対して、限りない慈愛を持って接する。

【ILLUSTRATOR】BomBom
【VOICE】戸板優衣

Gallery

ホウゲン

ホウゲン
Hougen

鞍馬が天狗、鬼一法眼よ。おほっ、こりゃ又ピチピチキュートな主殿じゃのうっ☆

警察学校の剣道師範をはじめ、この東京に在るいくつもの学園で剣道・剣術を教えている「転光生」の老人。
剣の腕においては右に出るものがなく、その足さばきは神出鬼没、かつ戦略的思考にも長けた、オールラウンダーな戦の達人。
だが数多の美点を打ち消して台無しにする、どうしようもないレベルの助平ジジイであり、喋るセリフ全てがセクハラの弾薬庫である。

【ILLUSTRATOR】めんスケ
【VOICE】成田剣

Gallery

フェンリル

フェンリル
Fenrir

我が名はフェンリル。新しい仮の主よ、貴様も裏切るのだろう。どうせ裏切るのだ、オレは知っている!

疑い深いくせに騙されやすい、狼の「転光生」。
かつて手酷く裏切られた過去は、彼の心に大きな傷を負わせており、中々人を信じられなくなった一匹狼……と思っているのは本人だけで、実際はとてもチョロい。
三兄弟の長男で、豪快に見えて非常に小心者な弟と、引きこもりの妹を持っている。
彼らの誰もが、兄弟の中で自分だけがしっかりしていると頑なに信じている。

【ILLUSTRATOR】樹下次郎
【VOICE】尾形雅宏

Gallery

イバラキ

イバラキ
Ibaraki

オレはイバラキ! シュテン兄貴の第一の子分だぜっ。お、やんのか、あァ、あァ?!

オレはイバラ…じゃねぇ…! オホホ、なんでもございませんわ。私、シュテンの兄貴とか全然知りませんことよ?

異世界ワノクニよりやってきた、鬼の「転光生」。
かつて首魁と仰いだシュテンを「最高の侠」「目指すべき目標」と絶対的に崇拝し、彼が本気を出せば、この異世界の東京を統べられると信じている。
だがそれ故に、国を獲ろうとせず野球に打ち込むシュテンの現状に対して、歯がゆい思いを感じている。
その肉体に秘められた鬼の力を完全解放する時、彼の体は全く異なる姿へと変貌する。

【ILLUSTRATOR】BomBom
【VOICE】岩永悠平/戸板優衣

Gallery

タローマティ

タローマティ
Taromaiti

ボクは誰にも恥じる事なく、自分を貫いて生きて見せる。さあ、勝負だよ!

召喚されて現れた東京で、フェンシング部に所属している「転光生」少女騎士。
生まれにより騎士を目指す事が許されない故郷で唯一、それを認めてくれた主君アーリマンに心からの忠誠を抱く。
細剣の神器により繰り出される一撃は他者により固定された思念を打ち砕く「背徳」の権能を帯びている。
騎士道の形式だけではなく精神を体現しようとする者に対して、強い敬意を持つ。
神器とは別に、主君の権能により創造され与えられた竜鎧アジ・ダハーカを右手と一体化している。
本人は無意識ではあるが、何をしても華があり、演劇関係者から熱い勧誘を受けると共に、幼い女の子から憧れの目を向けられることがしばしば。

【ILLUSTRATOR】BomBom
【VOICE】樹元オリエ

Gallery

カルキ

カルキ
Kalki

カリ=ユガを破壊するこの力、今はただ一人を護る為だけに振るおう。ダス・アヴァターラ!

鍛えぬいた体と四本の腕、融通の利かない石頭を持ち、無秩序を許さない潔癖な「転光生」。
かつて生まれた地で世界を終わらせる者、破壊の化身と呼ばれていた。
東京へと召喚されるやいなや、その無秩序に怒り、世界ごと滅ぼそうと思い立った所、天王寺シンヤの連れたキューピッドの矢に射抜かれて恋というものを知ってしまう。
非常に禁欲的な性格をしているが、想い人の前だけではいじらしい片思いを見せる。
何かと言うと世界を滅ぼしたがるので目が離せない。

【ILLUSTRATOR】あまみや
【VOICE】よねざわたかし

Gallery