シュテン
Shuten

「醜の丈夫(しこのますらお)、シュテンいうモンや。アンタはワシに何を乞いよる」

無念を抱いて倒れた者たちの怨嗟を集める鬼面の神器により、鬼となる呪いをその身に受けた「転校生」。
誠実で人を騙す事のない性格だが、恐ろしい見た目をした強面とドスのきいた低い声の為、一見の者たちには強く恐れられている。
人に言われた事は疑わない、乞われた事は決して断らないと決めており、その性格が故に、元いた世界でも、追われた者たちを匿い、護っているうちに、時の支配者から反乱分子の頭目と名指されていた。

召喚されたこの東京でも、廃部寸前の野球部員に乞われて、野球部に入部。
大会での優勝を目指し、4番バッターとして練習に励んでいる。
はみ出し者の鬼種たちで構成された不良グループから強い尊敬を受ける、名うてのアウトローであったが、今は彼らから「この世界でテッペンを取れるシュテンさんがどうして部活なんぞを!」と嘆かれ、不満に思われている。

【ILLUSTRATOR】naop

Gallery