櫛稲田ジュウゴ
Juugo Kushinada

「俺は…俺に勝てなかった……ああ、悔しいな……!」

都内の学園に通う、堅物で生真面目な、柔道部員の高校生。
ある事情から、大蛇の生贄として捧げられ、その呪いに(文字通り)身を縛られている。
包帯、帯、絆創膏など、彼が体に巻き付けたものは全て、大蛇として受肉するのだ。

彼は、生贄、依代として最高の霊的資質を受け継いでおり、自分の身を護れるようにと、親から武道を通して心身を鍛え上げられた。
普段は鍛えた強靭な精神力で呪いを抑え込んでいるが、感情が動揺すると制御を失った呪いが暴走、彼の霊力を喰らう事で強大な神蛇・ヤマタノオロチが顕現する。

【ILLUSTRATOR】大地巧太

Gallery